アクセスカウンタ

<<  2016年7月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


ウェアラブルカメラHX-A12H用ホルダーを改良

2016/07/21 21:25
 先日、製作したウェアラブルカメラHX-A12H用のホルダーを路上テストしてみたところ、ネジだけでなく道路からのノイズを余計に拾うので改良することにしました。また、クロスケ号ではライトは視野入っていませんでしたが、ジャイアン号では左側のライトが視野に入ってしまうのでその修正も行ないました。

 試作を繰り返して試作
画像
 試作を繰り返して1つは強度確認のため破壊テストに使用しました。試作を繰り返ししたので、最後の試作のときに3Dプリンタのフィラメントが途中でなくなり、違う色のフィラメントを繋いだので色が変わっています。この3Dプリンタのテクニックは初めてでうまく成功しました。

 振動旧収容にゴムシートを取り付け器具の間に入れるようにしたことと、カメラを固定するところにもゴムを入れられるようにした。

 取り付け位置を変更
画像

画像

 取り付け器具の向きを変更できるように変更したので、ライトが視野に入ることがないようになりました。

 前方にカメラが出るようにセットできす。
画像


 Cyberlinkよりも画質が落ちない無料の動画編集を見つけたので、テストも兼ねて編集してみました。音はとりあえずクラシックを使いましたが、フリーに使えるサウンドを探しておく必要があります。この方面の才能はまったくないのでうまくフィットするように出来るかが問題です。

 編集してみた動画(テスト)
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ウェアラブルカメラHX−A1Hの路上テスト

2016/07/19 21:13
 先日、購入したウェアラブルカメラHX−A1Hを車載カメラにしてクロスケ号に装着して路上テストを行ないました。暑さのためか固定するネジが緩くガタガタと雑音が入ってしまいました。編集すると画質が画質落ちるのでそのままにアップしましたから音は聞かないで全画面に拡大して映像だけお楽しみください。テストでは路上からのショック音が多く軽減する方法を考える必要がありそうです。

 車の少ない横浜シンボルタワーまでの路上で撮影しました。(ノイズ多い)


 三景園のある本牧の高速道路下(ノイズ多い)

 暑い日差しを避けられる高速道路下を走行しました。コンテナトレーラーが多いのでちょっと怖いですが、天井付きの道路で、自転車乗りにとって夏にはありがたい最高にうれしい道路です。特に、日曜日はコンテナトレーラーもいないので自転車の走行にはベストですね。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


Windows10の無料アップデグレードて本当に出来るの?

2016/07/03 18:58
 Microsoft社が盛んに「Windows10への無料アップグレードは今月29日まで」と宣伝していますが、そこで新しいSSDを購入して本当にできるのか試してみました。

 まず、新しいSSDなのでWindows7の64Bit版をクリアインストールしました。これは問題なくインストールは完了しました。
ここからWindows10の無料アップデグレードを実施しましたが、ここからが問題が出てきました。Windows10のダウンロードまでは順調に進んだのですが、「更新プログラムをダウンロードしています」と表示して12時間経ちましたが、まったく何も進みません。

 やはり、Windows10の無料アップグレードは簡単ではなかった。

 2日待ちましたが、99%のままでした。新しいSSDは現在利用しているWindows7をHDDかSSDに置き換えて起動時の高速化に使用する予定です。

 ちょっと考え直してもう一度違う方法にチャレンジ!


【対処方法】
 2016/07/06更新(もうちょっと詳しく説明)
 かなり確実な対処方法を見つけました。USB、DVDまたはISOの作成が必要な場合にある「ツールを今すぐダウンロード」
を利用して、DVDにインストールするソフトを書き込みます。

 まず、下記のメニュでUSB、DVDまたはISOの作成ツールをダウンロードし実行します。
画像

 保存したMediaCreationTool を実行します。その操作は誰でもわかるメニュで説明しているので簡単です。使用許諾に「同意する」にして、32bit版か64bit版か、書き込む媒体を選択、どのPCにインストー^ルするか、を選択します。なお、両方を選ぶとDVDに収まらなくなりますので、注意してください。両方を選ぶときはUSBに格納するようにしてください。
 「同意する」を選択する
画像

 Windowsの32bit版、64ビt版、両方を選択する
画像

 書き込む媒体の選択する
画像

そこで、なお、両方はDVDに収まらないので2回実行すると32bit版DVDと64bitt版DVDの2枚を作成できます。こうすれば、再度、クリアインストールする時に便利です。

 どのPC用にするかを選択する
画像

 なお、アップグレードするPCと違うをエディションをインストールする場合にはProductKeyの入力が必要になります。

 ダウンロード開始
画像



 DVDへの書込み
画像

 これでクリアインストールしても問題なくインストールできます。なお、正規のWindowsを利用していれば、認証は自動的にされるのでProductKeyの入力要求はありません。

 作成したDVDでいつでもどこでもダウンロードしたパソコンにWindows10をインストールできます。なによりもメディアがあることが安心感に繋がる。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2016年7月のブログ記事  >> 

トップへ

サイクリングを楽しもう 2016年7月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる